近藤勇供養塔



JR埼京線板橋駅東口前にある「近藤勇と新選組隊士供養塔」の
大規模修繕が終わりました。

幕末に徳川幕府の体制を守るために忠義を尽くした新選組の
隊長・近藤勇は、この板橋で斬首され35歳の人生を終えた
のです。

供養塔は、彼の没後の明治9年(1876)隊士の一人で
ある永倉新八が発起人となり造立されました。
高さが4メートルくらいはある大きな供養塔で、近藤勇、
土方歳三、合計110名の隊士などの名前が刻まれています。

太平洋戦争で戦火をあびたりして、歳月とともに風化が進んで
おり、近藤勇の百四十回忌にあたり大規模修繕が行われたのです。

幕末という動乱の中で、歴史のうねりに翻弄された志士たち。
一直線なまでの志を胸に秘め、時代を駆け抜けた新撰組の
その生き様に、心を打たれる方も多いようですね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

One Response to 近藤勇供養塔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください