やさしい心



チベット仏教の象徴でもある世界遺産に指定されて
いるポタラ宮殿。富士山と同じくらいの高さにあり、
13階建、高さ110㍍、東西360㍍の巨大なお寺だ。

1959年に、中国のチベット侵略によって、その寺の
住職でもある、ダライ・ラマ14世はインドに逃れ、
ダラムサラにおいて亡命政府を樹立した。

いわばチベットの国家元首でもある最高指導者なのだ。
そのダライ・ラマ法王14世の特別講演と、昼食会が
あって、お近くまで接見させて頂いた。

チベットでは、観音さまの生まれ変わりでもあり、
その仏の慈悲を権化し、非暴力・非抵抗主義の行動規範で
ノーベル平和賞も受賞された方なので、どんなに威厳がある
方かと思っていたら・・・?

なんとも、とても気さくな方である。茶目っ気もあり、
形式にこだわらず、お顔はいつもにこやかで慈愛に満ちて
いる方であった。

11月10日(金)に東京・両国国技館で「やさしい心」と
題して、ダライラマ法王の講演があるので、興味のある方はどうぞ。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

3 Responses to やさしい心

和尚 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください