チベットは国じゃないて?



チベットは独立国だったのですが、50年ほど前に中国の
侵攻によって占領?されてしまいました。
15万人余りのチベット人が、隣国のインドなどに亡命して
仏教指導者ダライ・ラマ14世をトップとする「チベット亡命政府」を
インドに樹立して現在にいたっています。

いまでも人権の抑圧が行われていて、そのやり方が国際的に
問題になっています。

詳しいことは、こちらで。

ダライ・ラマ14世は、こうした現状を非暴力主義を貫き、
チベットがチベット人の意志で動かせる地域に戻るよう、
国際的に活躍されている方でもあります。

この秋には、ダライ・ラマ14世の招聘が実現し講演を
頂く予定で準備を進めています。仏教徒としては、
滅多にない御縁です。

制約もあって誰もが入場することはできませんが、
こちらは、どなたでも参加できます。

ダラムサラのギュト寺院の僧侶6名を招聘し、砂曼荼羅と
バター彫刻のライブパフォーマンスを行うイベントです。

砂曼荼羅とバター彫刻は共にチベット仏教の聖なる儀式の
中で制作されるもので、日本におけるバター彫刻の制作は
今回が初めての試みとなります。

砂曼荼羅は、色のついた砂で曼荼羅を描いていきます。
バター彫刻は、バターで作るお供物のこと、すごくカラフルで
綺麗なんですよ!

無事に完成して祈願が終ると、本尊さまは再び本物の本座に
お帰りいただき、制作した砂曼荼羅は壊してしまいます。

砂曼荼羅を壊すという行為には「すべては無常であり、空である」
という仏教の教えが表現されているようです。

ギュト寺院の僧侶らによるチベット声明で荘厳な雰囲気が
倍増されます。
是非とも、チベットの現状と文化を身近に感じて頂きたいと
思います。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to チベットは国じゃないて?

  1. すぬ~ のコメント:

    ~(-゛-;)~ん~~~
    今日のお話はすぬ~には
    とても難しいなぁ~~~。
    、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)

    >砂曼荼羅を壊すという行為には「すべては無常
    >であり、空である」
    >という仏教の教えが表現されているようです。
    というのを見て、
    ちょっと興味が湧きました♪♪♪
    (⌒∇⌒)
    また時間ある時に
    読んでみて勉強しますね♪
    φ(*’д’* )メモメモ
    いつもありがとうございます♪

  2. 和尚 のコメント:

    すいません~
    チベットは空とか山の色が違うんですよ。
    なんていうか、私たちが知っている色では
    ないことは確かです。

    それだけ自然に恵まれているからなのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください