O2セラピー



こんな写真に誘われて体験してきた。

現代人は慢性的に酸素不足になっているようで、
O2カプセルとは、高気圧環境で高濃度の酸素を
体内細胞の隅々に取り込ませることができる機械
だという。

床に無造作に置かれた機械は寝袋みたいな袋。
やっとそこに寝るとチャックを閉められて、
中の気圧が1.3気圧までに加圧される。

インターホンから「耳抜き大丈夫ですか~」と
先生の声。その間にもみるみるうちにカプセルが
膨らんでいき、寝返りも簡単にできるくらいの
スペースができてきた。

苦しくもなく、快適でもない。閉所恐怖症の人は
多分出来ないだろうと思う。

簡単な窓もあって床に寝ているので通る人の足が
よく見える。何か変な気分だ。

本当は60分間のセラピーみたいだけれど、こんなに
長い時間はいられない。40分で終了してもらったが
特段、身体に変化無しという印象。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

2 Responses to O2セラピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください