かけもちで「花まつり」



花まつりは、おしゃかさまのお誕生をお祝いする
法会です。おしゃかさまは、今から2500年ほど前の
4月8日に、インドの ルンビニーで誕生されました。

昨日は3つの「花まつり」に参加しました。
1つめは、和尚の地域にあるお寺さんが集まって
サンシャインシティというところで行いました。
違う宗派の集まりなので、衣やお経も違うので音楽
法要という感じです


2つめは、先輩のお寺でかわいい子供たちが、おしゃかさまへ
お供物をささげ、日本フィルによる弦楽八重奏の調べで、
おしゃかさまのお誕生をお祝いしました

3つめは、桜のお花見と合わせて子供たちにパネルシアターを
見せてあげました。本当は違う人行うはずだったのですが、
急遽ピンチヒッターで和尚がやりました。

パネルシアターというのは、人形劇と紙芝居が合わさった
ようなもので、話しや歌等いろいろな工夫や仕掛けを使い
手軽に一人で演じることができます。

毛羽立つ布を板に貼って、ザラザラしたペーパーに絵を描いて、
裏表にしたり、糸どめをして、手足頭など動かす事ができたり、
切れ目やポケットをつくり、そこから何かを出したり入れたり
いろいろな工夫ができて楽しいものです。

これはカレーライスの歌で、材料を入れるとカレーができて
しまうマジックのような出し物。
大うけでした

バカみたいに全身で表現しないと、子供もなかなかノッテくれ
ません。パワーを使いすぎて昨日は爆睡ですzzzzzzzzzzzzzzz

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

5 Responses to かけもちで「花まつり」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください