お寺のタヌキ



近くのお寺さんのご法事に伺った。

このお寺、東京にありながら境内にタヌキが出没する。タヌキは親子で生活する習性があるので3匹いるという。
その様子はテレビでも紹介され、法事の時にも顔を出してくれた。

もともとタヌキはお寺の出身。野口雨情の代表作である「證城寺の狸囃」( 證、證、證城寺 證城寺の庭はツ、ツ、月夜だ、皆出て来い来い来い~♪)は、千葉県木更津のお寺がモデルとなっている。

この野口雨情は、他にも赤い靴(赤い靴はいてた~♪)
兎のダンス( ソソラ ラ ソラ兎のダンス~♪)
黄金虫 ( こがねむしは金持ちだ~♪)
シャボン玉(シャボン玉飛んだ~♪)と有名処の歌をすべて作詩している。

昔はカラオケなんかはなかったので、こんな童謡をアカペラで歌っていたのだろう。最近の歌はテンポが速くて、今の若者が老年になったときどんなナツメロを歌うんでしょうか・・・?GLAYとか、ノリノリで熱唱して歌う?

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

4 Responses to お寺のタヌキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください