白川郷へ行ってきました



世界遺産に登録されている飛騨・白川郷へ行ってきました。
雪の降る道路を、往路とも車という強行軍でした。

でも、陸の孤島ともいわれる辺境にあるので、アクセスとか
交通費を考えると車がいいかも。

白川郷は、合掌づくりという建物で有名です。茅葺きの屋根が、
急勾配の山のような形をした建築で、それは手を合わせた合掌に
似ているので、そう呼ばれました。

白川の豪雪に耐え風土に適した構造で、驚くことに釘は一切
使用していないといいます。

この白川郷で最大級の合掌づくりが、長瀬家というお宅です。
250年続いている旧家で5階建てくらいの高さがあります。

写真は、平成13年に村人や多くのボランティアによって
80年ぶりに屋根の茅葺きの張り替えを行っているところです。

なんか、ほのぼのとしたものが伝わってきませんか?

人の助けがなくては維持できない、合掌の家が並ぶ白川郷。
この地には、助け合い、支え合い、人と人が結び合う絆が
残っています。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください