歌会始


平安時代から宮中に伝わる和歌を読み上げる歌会は、
今日まで継承されていて、今年も新春恒例の「歌会始の儀」が
皇居・宮殿「松の間」で開催されました。

天皇陛下をはじめ、内外からよせられた詠進歌の中から、
選ばれた歌が、伝統的な発声と節回しの披講というしきたり、
作法によって歌いあげられます。

以前、国立劇場で、この歌会の様子を公開した「和歌の披講」を
見に行きましたが、始まって5分もしないうちに熟睡してしまいました。
「歌を読む」という行為が、お経と同じように節がついていて、やたらと
のんびりしていって時間がかかるのです。

今年は、入選に次ぐ佳作の1つに、前橋市の小学3年生天野莉那さんの
「お母さんお母さんてばお母さん影ふみ歩き明日も天気」が選ばれ、
最年少の入選・佳作となったそうです。

ちなみにお題は「歩み」。お母さんと仲良く歩いている、むつまじさが
伝わってきますね

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

One Response to 歌会始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください