おもしろいかも!


自分の読み終わった本の表紙に、こんなラベルを貼ります。

「これは忘れ物ではありません。この本に旅をさせてあげてください」

そして、その本を電車、バス、タクシーの中やレストラン、公園のベンチ
などに「わざと」置いておく

それを発見した人は、本を読んだあとに、また別の人に対して同じように
町のどこかに本を置きます。それが「BookCrossing」

BookCrossingを行うには、自分の責任をはたすために、

①bookcrossing.comにメンバー登録をする
②自分が旅に出したい本を登録して、BCIDをもらう
③本にBCID、登録者、登録した日付、などを書き込み本に貼る
④旅立たせる

手続きはここへ

しかし、ムムムゥ~このサイトが英語なんですよねえ

でも、興味のある方は「BookCrossing」を日本で広めようという
ブログもありますよ。
くれぐれもゴミ処理ではないので、気をつけましょう・・・。

見てね!

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください