お母さん!しっかりしてね・・・。


法事があった。大人よりも子供が多い法事だった。
しかも5歳前後の一番うるさそうな年代の子供たちだ。

だから、ピーピー、ギャーギャーとお経の声よりも大きな声で
本堂は運動会のように大混乱だろうと予想をしていた。

何故かというと最近のお母さんは、子供が騒いでも怒らないのだ。
一昔前のお母さん方は、礼儀をわきまえなければいけない場所では
子供たちを叱っていたように思う。

それでも、騒いだり泣いてしまう子供には、回りのことも考えて、その場所から
連れ出して立ち去り、皆さんに迷惑がかからないような気をつかっていた。

でも、最近の両親は全然平気なのだ。子供に分別を教えないのか、
自分たちが知らないのか、図々しいのか、どっちらかだ。

もちろん仏さまのお孫さんやひ孫さんにあたるので
元気な姿を見せられることは、何よりの供養になるだろう。

だからといって、法事の中で騒いだり、泣いたり、動き回ったりする
ことは、限度があるだろう・・・と和尚は思う。

しかし、今日の法事は、その予想は見事にはずれて子供たちは、
泣き声や身動きして動き回っている様子すらないのだ。

終わってから「えらかったね」と言葉をかけた。その言葉が何を
意味しているかは、よくわからないかもしれないが、子供たちは
恥ずかしそうに笑った。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to お母さん!しっかりしてね・・・。

  1. 斉藤 のコメント:

    父でもいいのでは…
    子供をしかるのは母親だけの役割でしょうか?
    父親でもいいのでは?
    批判を受けるのが女親だけというのはどうも納得できない。

  2. 和尚 のコメント:

    その通りですね。
    言葉が足りなくてすいません。もちろんお父さんも含めた両親ということです。お母さんを批判したわけでもなく、子供が一番大好きなお母さんに、もっともっと頑張って欲しい・・・。そんな風に思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください