和尚も暑~いのだ!!


燃えるような暑さだ!!
「お寺さんは広いから涼しいでしょ?」と皆さんから夏のご挨拶。
40度近くあれば、寺だって暑いのだ!!

その昔の先人たちは、路地や木々に打ち水をし、すだれをかけて
風を入れ、風鈴をぶら下げて、その音に「涼」を求めた。
浴衣を着てうちわで扇ぎながら家族そろっての夕涼み・・・。

だからといって涼しくなるわけではないのだが、人工的な「冷」
よりも心の「涼」を作っていくことを知っていたのだ。

そんな優しさと豊かさに、いま気づくことが大切だ。
なぜならば何かに「気づく」ということが、仏の心に近づいて
いるからだ。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください