アートな五百羅漢


東京都六本木の森美術館で、とても興味深いアート展が開かれています。

その名も「村上隆の五百羅漢図展」。
村上隆さんといえば世界的に大人気の現代アーティスト。

その村上さんが、五百羅漢図を描かれたのだそうで、
現代アートと五百羅漢?・・・というだけで、どんなものか
興味津々なところですが、驚くのがそのサイズ。
なんと全長100メートルもあるそうです。

100メートルの絵画作品って、五百羅漢図にかぎらず
そうそうないんじゃないでしょうか。それだけでもすごい。

そもそも羅漢さんというのは、「尊敬に価する人」という意味で、
お釈迦様の教えに従う仏教の聖者のことをいいます。

よくお寺にある「おびんずるさん」も羅漢さんですよ。
悪いところをなでるとよくなる、というあの像の方ですね。
正式には「賓頭盧尊者」とお呼びします。

羅漢さんは、庶民から貴族にまで広く信仰されていて、
羅漢図や羅漢像がたくさん作られてきました。

芝の増上寺には、徳川将軍家のために狩野派の絵師が
描いた、立派な五百羅漢図があります。

今は、増上寺の国宝館で一部を拝見することができる
のですが、100幅の絵に本当に500人の羅漢さんを
描いてしまったという、さすが将軍家ならではというもの。
見応えがありますよ。

森美術館をみてから増上寺へ「五百羅漢図巡り」なんていう
のも、いいかもしれませんね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください