宇多田ヒカル


宇多田ヒカルさんは、まだ小さい頃、和尚のお寺におじいちゃんと
遊びに来ていました。

というのも彼女のおばあちゃんが、お寺の近くに住んでいて
もっぱらおじいちゃんが仕事のときに、手を引いて連れて
きていました。

だから、和尚もだっこしたり遊んであげたこともあります。
歌も歌ってあげたので、彼女の歌の上手さは和尚のおかげかも・・・(笑)

彼女も複雑な家庭環境だったのでしょう。
それから二十数年、家族の死は辛いものです。

ましてや、自死という特別な死別の辛さは、他人には分からない
ほど、遺族は辛い思いをしています。

マスコミとか、今でも報道してます。有名人として、それなりの対応を
しなければいけないこともあるかもしれません。

しかし、一人の自死遺族として、守られなければいけないこともあります。

がんばっている人ほど、みんなで守る必要があります。
彼女が、子どものころの純粋な笑顔が取り戻すことができるように・・・。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください