仏像はメガネをかけない


檀家さんと一緒に天才仏師「運慶」の仏さまを
参拝するツアーの手配が終わりました。

運慶は、平安時代の末期から鎌倉時代の初期に
かけて活躍し日本の仏像史上、ただひとり「天才」
と呼ばれるた仏師です。

とても勢いがあって美しいです。

天才のノミさばきが生みだした物言わぬ仏たち・・・。
何を語ってくれるのでしょうか?

『運慶 リアルを超えた天才仏師』 (新潮社)の共著
である、みうらじゅんさんは、「カッコよくて、グッとくる。
それが運慶」と言っています。

彼は、来年4月、京都精華大学マンガ学部の客員
教授に就任するそうです。

その時のコメントは・・・

人と同じようなことをする時期が過ぎると、人と違った
ことを考えなきゃダメだって思う時期がやって来ます。

ほとんどやり尽くされてるような気がしますが、隙間は
必ずどこかにあるもんです。

今から見つける癖をつけておく。それが私の授業です。

そう、仏の教えも見方を変えて、違う角度から物事の
本質に「気がつく」教えなのかもしれませんね!!

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

One Response to 仏像はメガネをかけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください