禁断の仏教漫画が映画化!


昭和45年に週刊少年マガジンで連載された「アシュラ」という
漫画をご存じでしょうか?

有害図書として糾弾された日本コミック史上最大の問題作と
なった作品です。

平安時代末期の飢饉の中、生まれた主人公アシュラが獣同然に
生き抜く中で、さまざまな人と出会い、やがて高僧へと成長して
いく物語ですが・・・。

映画では、応仁の乱世に僧となり、絶望の淵にいる人々と安寧へと
導いた高僧アシュラの少年時代を描くそうです。

当時、なぜ有害図書とされたかというと・・・。

飢餓による地獄絵図、人肉を食べ、我が子までをも食べようと
する女性の描写などが問題視されたそうです。

子どもを食べてしまうお母さんは、鬼子母神で有名ですが
仏の教えを授かり、外護する神様として信仰を集めてきました。

善も悪も世の中の出来事・・・そんな人間の業をテーマにした
メッセージ性には、現代社会にも通じる何か共感できるものが
あるかもしれませんね。

映画『アシュラ』は、9月29日より全国公開の予定です。
http://asura-movie.com/

YouTubeの予告はこちらから!!
http://www.youtube.com/watch?v=Ny7S349OI68

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

One Response to 禁断の仏教漫画が映画化!

  1. kirigakiri のコメント:

    ウァ~~映画化されるんですね。もちろん愛読していました。どんなふうに描かれるのでしょうか?興味あります。
    KEKEKO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください