◆仏のことば◆一夜賢者の偈


原始仏教典に記されたお釈迦さまの言葉・・・。

いろいろな訳があるけれど増谷文雄先生の訳が
わかりやすいので・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

過ぎ去れることを追うことなかれ。
いまだ来たらざることを念(おも)うことなかれ。

過去、そはすでに捨てられたり。
未来、そはいまだ到らざるなり。

されば、ただ現在するところのものを、
そのところにおいてよく観察すべし。

揺らぐことなく、動ずることなく、
そを見きわめ、そを実践すべし。

ただ今日まさに作すべきことを熱心になせ。
たれか明日死のあることを知らんや。

まことに、かの死の大軍と、
遭わずというは、あることなし。

よくかくのごとく見きわめたるものは、
心をこめ、昼夜おこたることなく実践せよ。

かくのごときを、一夜賢者といい、
また、心しずまれる者とはいうなり。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

簡単に言ってしまえば、

過ぎ去った「過去」にとらわれることなく

まだ来ない「未来」を心配することなく

「いま」を熱心に生きなさい

そんな意味でしょうか?

お釈迦さまは、この偈だけを説き終えると、静かにその場を
振り向かず立ち去ったと言います。

なんかカッコイイですね!!

カテゴリー: ◆仏のことば◆ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください