師走の師



長崎不動尊も講の方々によって、お正月に向かって準備も
新しくなっていますねぇ~~。

「今年の漢字」が「暑」に決まりましたが、あの暑さを
覚えていないほど・・・。

そんな面影もない12月の師走になりました。

月の名前には睦月、如月、弥生…とありますが、
12月の師走が、わかりやすくて一番有名な気がします。

素朴な疑問が、師走の「師」とは誰なのか・・・?

ある本によれば教師でも医師でもなく、僧侶のことだとか。
お坊さんの呼び方の一つで「法師」や「導師」の師です。

お寺の建物は「坊」といい、そこのすんでいる主だから「坊主」に
なりましたが、そのお寺の中に住んでいなかった僧侶のことを
「法師」とも呼んでいました。

つまり「法師」と「坊主」は対義語だったのですが、
いつの頃からか使い方がや区別が曖昧になってきました。

この「法師」が年末には、各家にお邪魔してお経をお唱えしていて
忙しかったみたいです。

どうしても年末までにクリアしなければいけない作業があって
和尚は走るどころか、デスクワークに奔走しています。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

One Response to 師走の師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください