自分らしさのデザイン



コピー品とか人のモノマネは、悲しい運命にあります。
なぜならば、どんなに背伸びをしても本物にはなれない
からです。

頑張れば頑張るほど悲しさが余計に感じられて、
憐れみさえ感じます。

先日開かれていた「DESIGNTIDE TOKYO 2010」の作品の中で
その「憐れみ」を払拭するような、いやむしろ感動すら覚える
作品に出会いました。

それはHK(ハク)です。

HKは人造真珠なので、もちろん本物の真珠ではありません。

「本物の真珠を超える人造真珠を」と決意した職人とデザイナーが
出会い「人造真珠にしか、できないこと」を求めて完成したのが
「Gravity pearl」です。

磁石に包まれた真珠は、それぞれに引き合い寄せ合い踊るように、
そしてまた、二度と同じ形ができないデザインに変化して行きます。

ネックレス、指輪、ペンダント、オブジェなど生きているかのように
自在に変化していきます。

考えてみれば、それは人造真珠だからこそできる、人工でしかできない
ことなのかもしれません。

しかもそれが完成されると、ニセ物は本物になって輝きはじめるから
不思議です。

マネすることではなく、「自分らしさ」をデザインしていきことが大切な
のかもしれませんね・・・。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください