坂本龍馬



遊魚動緑荷「遊魚緑荷を動かす~ゆうぎょりょくかを動かす」とは、
坂本竜馬の言葉です。

池の中の魚を見て、遊んでいるような魚でさえも、自分の
思うところへ浮き草を動かしているではないか・・・。

自分たちにかかる責任を、考えることもせずにいる権力体制と
その世に慣れきった民衆を前に竜馬は、愕然としていたのでしょう。

なぜ、人は動かないのか?・・・・
なぜ、同じことばかりしているのか?・・・

世界一の水準にある日本で、龍馬ブームがおこり、その言葉が今も
当てはまるならば、それは悲しいことかもしれません。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください