パタリロの宗教



小説や漫画のキャラクターには、人格形成のためにいろんな
設定がされたりします。

性別や年齢はもちろん、身長とか好みのタイプとか食べ物、
国籍や人種、もろもろの性格なども・・・。

そして宗教も設定されていることがあります。

パタリロ」と言えば有名な少女マンガです。
常春の国マリネラ王国を舞台にしたギャグマンガで、繊細で
整った線が印象的な作品です。

かなりの長寿連載の作品で、なんとコミックスが80巻以上も
出ているというから驚きです!

主人公は国王のパタリロ8世。

女性ウケする美形キャラが出てくる一方で、当の主人公のパタリロは
国民からも「つぶれ餡饅」と揶揄されるようなへちゃむくれで、
典型的なB型の性格?

悪ふざけせずには居られない一方で、かなりの天才的頭脳で
オーバーテクノロジーな発明品を作ったり、しまいには時間跳躍まで
しちゃうという特異体質です。

そんなパタリロの宗教が、なんと真言宗!
しかも、真言宗智山派と、かなり具体的なのです。

パタリロが国王をつとめる常春の国マリネラ王国は、
バミューダ・トライアングルのど真ん中にあるそうですから、
むしろキリスト教圏に近いはず・・・。

その国王が仏教徒というのは不思議・・・。
作者が真言宗智山派だから??

なんて推測は、ちょっとつまらないですね。

パタリロは、よく来日していて、東京にも長期滞在したことが
あるそうですから、その時に真言宗の信者になったのでしょう・・・。

西欧諸国にも実際に仏教に改宗する人もいます。
リチャード・ギアも仏教徒として有名ですね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

4 Responses to パタリロの宗教

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください