レアな土産



北海道へスキーに行かれた方からお土産を頂きました。

買うのが難しい「じゃがポックル」と「白い恋人」。

「じゃがポックル」は、カルビーが「ポテトファーム」の
ブランド名で製造している、生のじゃがいもをスティック状に
フライしているもので、美味しいです。

そして、不祥事のあった「白い恋人」。ご丁寧にも製造年月日と
賞味期限をひとつひとつの袋に印字してあります。

それぞれが売られる数量が限定されているみたいで、手に入り
にくくなっているとのこと・・・。

供給量を少なくすることが、逆に飢餓感をあおっているのかも
しれませんね。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to レアな土産

  1. 蘭子 のコメント:

    はい、飢餓感
    いつでもあると思うと興味がわかなくて・・・
    いつ口に入るのかわからないと思うと恋しくて。
    地元の県の赤○餅、以前のままの製法でよいから
    食べたいと思うのは私だけでしょうか?

  2. 和尚 のコメント:

    蘭子さま
    ですよね・・・。
    なんだか急に食べたくなっちゃった!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください