東京タワーが病気に?



いつもはオレンジ色ですが、昨日は青白く光る
不気味な東京タワー・・・。
なんだか具合が悪そうですね

「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が国連で採択
され、同時に11月14日を「世界糖尿病デー」にして、
世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を
推進することになったのです。

そこで世界各地のタワーや有名な場所が、同時にブルーで
ライトアップ

「糖尿病」は、現在の死亡原因を抜いて、数年後には
1位になるといいます。その数60%以上増えて、
3億8000万人・・・

癌は、そのうちに治療可能な病気になることは、よく
聞く話ですが、逆に病院のなかに「糖尿科」が新設されて
誤った生活習慣を支援していくといいます。

飽食で便利になった時代の代償なのでしょうか?

ラーメン、ステーキ、トンカツ、ビール、お酒、
タバコ、ケーキ、車、パソコン・・・ほどほどが良い
みたいですね

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

4 Responses to 東京タワーが病気に?

  1. cocoro のコメント:

    Unknown
    糖尿病、放っておくと大変な事になるのは
    わかっていてもーー
    「ほどほどが良い」、大事ですね。
    日々の生活習慣を見直さなくては!

  2. 和尚 のコメント:

    cocoroさま
    気を付けましょうね。
    今日もお寺に来られたご年配の女性の
    檀家さん・・・。
    甘いものが大好きでペロ~ッと食べていた
    甘味を最近は遠慮して食べないし、お持たせ
    しようとしても「控えているので・・・」
    健康に気をつかわれているのですね

  3. t4dorufin のコメント:

    スカイオーシャン
    東京タワーも風邪をひくんですね。
    糖尿病もお大師様にお願いすれば、すぐに、治してくれます。

  4. 和尚 のコメント:

    ありがとうございます
    最近のツリーの電飾も白とか青が多くて
    これからの季節、キレイだけれど寒色系は
    寒々しいですね。
    「スカイオーシャン」は考えてみれば
    そうですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください