人間の記号化



何もラベルのないビデオテープがあったので
デッキに挿入すると黒澤明監督の映画『生きる』だった。

30年間、何もしないまま勤め上げようとしていた
市役所の課長が、自分が癌であることがわかる。

死を突然宣告され、余命の短さの苦悩の中から、
自分の人生を見つめ直し、小さな公園の建設に奔走する。

死に直面した人間の心を通して、「生きる」ことの意味を
表現しようとした作品だ。

人間は、同じようなパターンで何となく生きていると、
記号化されてしまい、その記号化された中でしか物事を
考えられなくなってしまう。

そして、それが案外居心地が良かったり、違うことをして
いる人間を批判したり、無視したり、仲間の中に引きづり
戻そうとしたりする・・・。

黒澤監督は、その制作の意図を、こう語っている。

「この映画の主人公は死に直面して、はじめて過去の自分の
無意味な生き方に気がつく。いや、これまで自分がまるで
生きていなかったことに気がつくのである。そして残された
僅かな期間を、あわてて立派に生きようとする。
僕は、この人間の軽薄から生まれた悲劇をしみじみと描いて
みたかったのである」

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

5 Responses to 人間の記号化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください