日本語を話せる方はいますか?



この暑いのに炎天下で野球とは、若いとはいえ
気持ちが奮い立っていないとできません。

しかも、最後まで勝負を捨てない気迫がファンを
引きつけ、高校野球の妙味を堪能させてくれた
います。

お盆休みでヤンキーズの試合を見てきた知り合いが、
全然英語が通じないと・・・。

ナイター→ナイトゲーム
ランニングホームラン→インサイド・ザ・パーク・ホームラン
デットボール→ヒット・バイ・ピッチ
ゴロ→グラウンダー
トップバッター→リード・オフ・マン

アウトコース、キャッチボール、バックネット、フォアボール
など、野球に限らず日本で作られた造語、和製英語は、かなり
氾濫しています。

ボディランゲージが大活躍したようですが、手のひらを下に
向けて指をそろえて手前に引くのは、日本では「おいで」という
意味ですが、欧米では「あっちへ行け」という意味・・・。

夏休みの海外旅行は気をつけてね!!
ご参考に!
http://www.linkage-club.co.jp/Material/Japlish.html

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください