密厳風光



いろいろ教えて頂いた師僧の一人である
大僧正様と奥様のご法事がありました。

アイディア一杯の大僧正様と朗らかな奥様の
お姿をあらためて思い出させてくれる法事は、
原点に返るようでありがたいご供養でした。

30年以上にわたって苦楽をともにしてきた
奥様に先立たれて、自らも病におそわれて、
「胃切るは 生きるなり」と名言を残されて退院。

いちいち自分の心境を説明するのが面倒だったのか
「愛かわらずです」なる色紙を書きます。
とても言葉遊びのオシャレな方でした。

晩年には、よく好んで書いておられた色紙が
ありました。

きつと奥様と手をつながれて、仏さまの世界で
悠悠としていらっしゃるのでしょうね。 合掌

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください