ご苦労さまでした



檀信徒の皆様と一緒に、チター演奏者:内藤敏子さんの
演奏、作家の立松和平さんのお話を聞いてきました。

チターはヨーロッパ民族楽器でとても繊細な音を奏でる
楽器です。映画「第3の男」のテーマ曲でも有名です。

内藤さんは、日本チター協会の会長さんで紀子さまの先生
でもあり、とても控えめな印象です。

「きれいな音」は、練習を繰り返してテクニックでいくら
でもできるけど、「美し音」は、「こころ」が伴って
いないとできないといいます。
そんな情感あふれる演奏は、会場内に張り詰めて空気が
漂います。

立松和平さんは、社会や環境を意識した作品や積極的な
行動を通して発言を続ける作家です。今回は宇宙飛行士の
毛利さんと一緒に南極大陸に渡ったお話をしてください
ました。国じゃないのでパスポートもいらないらしい?

「地球にやさしい」なんて言う言葉を聞くけれど、地球は
我々にも決してやさしくないし、むしろ非情だといいます。

刻々と氷河期に向かって歩んでいて、数ミリ単位で大陸が
移動しているし、仏教で説くところの「諸行無常」を感じた
と言います。

お二人の話を拝聴して、日頃私たちが考え悩んでいることが
いかに小さいことで、何か目に見えない大きな世界観を見つけ
ることが、とても大切なような気がしました。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

2 Responses to ご苦労さまでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください