ちょっと感動・・・。



子供のころに行って、あまり記憶のない
日光の東照宮へ行ってきました。

東照宮には、数々の彫刻が施された建物があり
見事な景観です。

当時の建築費を今のお金に換算すると総工費
500億円くらい・・・?
しかも現在同じものを建てようとすると
3000億円くらいかかるらしいです。

そんな中で国宝・陽明門の前に質素にたたずむ
唐銅鳥居(からどうとりい)。
日本で最初に造られた青銅製の鳥居で高さ6メートル。
銅板の厚さも3センチ?くらいあるといいます。

鳥居なのですが、神仏習合のなごりで柱の足下には
仏さまが鎮座する場所である蓮の花弁が刻まれて
いる珍しいものです。

一番下の動物は、狻猊(さんげい)という龍の子。
中国の民間伝承の中で龍は、親であり有徳の象徴を
表します。

しかも龍の子は9匹いて、狻猊は5番目の子供にあた
ります。それぞれの性格にあわせて、それぞれの場所で
活躍しているといいます。

この5番目の龍の子は、煙が大好きなので香炉の
飾り物にも使われていたり、仏さまやお坊さんが座る
場所を一生懸命支えてくれているのです。

神道の鳥居と仏教様式の習合。
何か、ほのぼのしていて良いですね。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください