バラの香りがするお坊さん??



カネボウフーズから発売された「フワリンカ」というガム。
何でも食べると身体からローズやシトラスの「あま~い」香りが
発散するという。

ニンニクを食べれば、口からだけでなく身体からもニンニクの
香りがするのと同じように、汗線からも匂いが出ていることから
発明されたらしい。

若い女性がターゲットだったが、何故か中高年男性も買っていくとか。
さっそく好奇心の強い和尚としては早々に体験中だが、効果の程は
よくわからない??

昔は「飲香」といって、お香を飲んでいた。
平安時代の香を調合する『薫集類抄』という本の中には、お香を
飲んでから3日目には口が香り、5日目には体が香る。

10日目には、衣が香り、20日目には他の人が、その香りに気づき、
25日には、手を洗った水が香り、30日には抱いた赤ちゃんが香ると
記されている。

「源氏物語」などでは「追ひ風」といい、源氏が通った後は、
しばらく香りが残っていたり、触れたものに香りがうつると書かれて
いる。もともとお香は、漢方の薬として扱われていたので、体には
害がないのだ。

ちなみにお香は、仏教の伝来と共に伝わり、『日本書紀』の中で
推古天皇3年(595)4月に「淡路島へ一抱えもある沈香が
流れ着いたという。島民は薪として燃やしたら、すごく良い香りが
遠くまでしたので、驚いて宮廷に献上した」という記述が、お香の
最初の記述もの。

今日の18日は「お香の日」だ。前述の4月、そして香の字を
分解すると4月(ノ)、(十)(八)、(日)と書いて「香の字」になる
ので18日となるのだ。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください