今こそ寺子屋に学べ



江戸東京博物館で寺子屋の企画展が開催中だ。
題して「江戸の学びー教育爆発の時代ー展」で、
結構楽しめる(3月26日まで)

江戸時代には寺子屋と呼ばれる学校が広く普及していた。
その数ローソンとファミリーマートを合わせた数くらい
というから15000くらい、大小のすべてを合わせれば
この何十倍の寺子屋があったみたいだ。

お寺の一角などで行っていた読み書きの教育現場を
さして寺子屋といわれているが、「手習所」「筆道稽古」
「手跡指南」などと呼ばれていて、文献上は「寺子屋」
という言葉ないそうだ。

お寺の師弟教育から始まった呼び方らしく、
和尚の寺も智観さんという尼僧さんが寺子屋を開いて
いた。その当時の寺子屋は、個別授業で一人一人に
合わせた教科書があったみたいだ。

写真の屏風のところに立って湯飲みと線香を持っている
のは罰だったらしい。厳しくもおおらかで、しかも与え
られた学びではなく、自らが欲して学ぶ場所であったらしい。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

5 Responses to 今こそ寺子屋に学べ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください