もう一枚のモナリザ



最近、『ダ・ヴィンチ・コード』がらみのテレビが多い。
この間も日本テレビで「名画モナリザはもう1枚あった」
という番組があった。

実は「最後の晩餐」でキリストの隣にいるのは、ヨハネでは
なくてマグダラのマリアであるという話。

そして、もう一枚のモナリザの絵を登場させ、「今回発見され
た絵は、ダ・ヴィンチが注文を受けたジョコンダ夫人の肖像。
ルーブルにあるのは、実はマグダラのマリアを描いたものだと
ハッキリとした断定調で結論をだして終わった。

知識のない者にとっては、衝撃の事実でさすが日テレさん!と
いう感じ・・・。しかしである・・・。

東北大学大学院の田中英道教授が、「もう1点がコピーである
ことは学会でほぼ結論づけられている」として日本テレビに
抗議文を送ったとかで、ネットを調べたらこんな記事が。
route347
え~~~~~~~っ?というか、やっぱりというか?

知らない世界の報道では、そのことが事実であるかのように
思えてしまう。以前他のテレビ局で「戒名」についての特集が
放映されていてビックリしたことがある。

「戒名」といえば和尚の専門分野であるが、その報道は
間違いだらけだった。
一つ一つのことは、事実であったかもしれないが、
他の取材方法を試みれば、違った形になっただろうし、
視聴者に与える印象も違ってくるはずだ。
何かの意図があってのことか・・・?

よく芸能人が違った報道をされたとか、話したことの一部を
切り取って良いように報道されて真意が伝わっていないて
怒っている姿を見かける。
和尚もたまに雑誌の取材を受けるが、出来上がったものを見ると、
「こんなこと言ってないのに・・」と、あきれてしまった。

メディアなんてそんなものかもしれない。テレビや新聞、雑誌の
見方を学ばないと、とんでもないことになるかもしれない。

いよいよホリエモン登場か

あっ!ローマ法王ヨハネ・パウロ2世がお亡くなりに
なった。冥福を祈ります。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

2 Responses to もう一枚のモナリザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください