タトゥー



タトゥーを入れるという人がいたのでお伴しました。
とあるマンションの一室で、若い方がいっぱいです。
洋彫りですからマシンブースは、歯医者さんみたいで、
歯を削る時のような機械とイスがありました。

入れ墨、刺青、タトゥーと呼び方はさまざまですが、
洋彫りは、アートという感覚なのでしょうか、抵抗は
ないらしく、手の甲とか耳の後ろスキンヘットとか
かなり痛そうな場所に入れている方もいました。

「和尚さん、観音さまでもどうですか~」と声を
かけられて、ここにいると「あたりまえ」のような
感覚になってきてしまうので、退散してしまいました。

以前には和彫りの「刺青師」~という方にもお会いした
ことがあります。彼は、人肌に墨を刺すことに、なみなみ
ならぬ思い入れを持ち、その一針にひとつひとつ魂を、
込めて仕事をしていたことを思い出します。

また、それを受ける人も別の人格に昇華することを思い、
痛さに耐えていたことも、今のタトゥーとは違った
世界でした。

世の中には、いろいろと知らない世界があるんだなぁ
という感じです。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

2 Responses to タトゥー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください