拓本をとりました



お寺の境内に建立されている石造物に刻まれている
文字を拓本にとりました。

洗顔してカット綿で顔に化粧水をつけるように、
石の汚れをとり、水をつけて紙を貼り付けます。

その上から布のタンポンで墨を紙に叩きつけていきます。
そうすると彫りのある部分は白く、何もないところは
黒く浮き上がります。

墨の種類、タンポン布の柔らかさや堅さ、ムラができない
ように均等に墨を叩きつけていかなければなりません。

あまり強く叩きつけると紙が破けてしまいますし、
弱いと墨がのらないし、丁寧に作業していると
紙の水分が乾いて、紙が剥がれ落ちてきてしまいます。
簡単そうにみえますが意外とむずかしいものです。

拓本をとると石面の文字がハッキリと確認できます。
こういった資料を保存しておくことも和尚の仕事の
一つです。

今は、どんな文字も機械で彫ることができますが、
昔は手彫りです。堅い石を複雑にカットして、そこに
文字や梵字を彫っていくことは、相当な時間と「念」が
必要だったことでしょう。
本当に先人たちの強い思いが伝わってきそうです。

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください