猫の死体


お通夜に行く途中の道で、猫が死んでいるのを見つけた。
車にひかれたらしく、アスファルトの上に張り付いている

見つけたのは和尚ではなくて、小学生の子供二人で、
彼らは猫が再び車で踏みつけられないようにと形相を変えて、
一生懸命に交通整理をしているのだ

近くで猫を見ると、「まだ動いてピクピクしてるゥの・・・」と
女の子が泣きそうな顔で叫んでいる。男の子は車と自転車の交通
整理だ。その横を大人たちが無関心に何もせずに通り過ぎてゆく。

この差はいったい何なんだろう

ちょうどトランクに洗車のバスタオルがあったので、それに
包み道路際に置いてあげた。
お坊さんのコスチュームと子供二人と死にそうな猫。
歩く人が奇異なものを見るような目で見つめ通り過ぎていく。
時折通る車は迷惑そうにクラクションを鳴らして抜けて行った

これからどうするか?このままだとお通夜には遅刻だし・・・。

子供たちの家は近くにあるらしく、お母さんがいるらしいので
お任せすることにした。命の狭間で彼らが何かステキなものを
学んでくれたらと願い別れた

This entry was posted in 金剛院和尚のブツブツ雑記. Bookmark the permalink.

4 Responses to 猫の死体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください