色のいろいろ


%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7

今年も紅白歌合戦の出場歌手が発表されました。
これも現代では、年の瀬を感じさせる立派な風物詩ですね。

ところで、歌合戦にしても運動会にしても、なぜ紅組と
白組が戦うのかといえば、有名なお話ですが、
源平合戦の折、平家が紅を旗印に、対する源氏が
白旗を掲げて戦ったことに由来するといわれています。

平氏滅亡ののちにも、戦場でよく目立つ赤い色は
武士たちに、特に強力な精鋭軍団であることを
誇示する目印として好んで使われました。

最も有名なのは、武田信玄が軍勢の武具を
赤一色に統一させた「武田の赤備え」。

武田氏滅亡ののちには、その旧臣を多く召抱えた
井伊家が「井伊の赤備え」を整えたり、武田家家臣
だった真田一族が「真田の赤備え」をつくったりして
信玄の武名を継承しようとしています。

パワーがあるので、「赤ちゃん」とも言われますね。

仏教では、赤、青、白、黒、黄の五色を世界の
四方と中心をあらわす色としています。

赤は南、白は西に配される色で、それぞれ仏様の
「世界が平等であることを知る知恵」と「この世の
全てを正しく見極める知恵」のシンボルカラーでも
あります。

また赤といえば、ダルマさんのように真っ赤な
衣を身にまとったお坊さんをみたことのある方も
多いのではないでしょうか。

宗派にもよりますが、仏教では赤(緋色)は高貴な
色とされ、緋の袈裟は高位の僧職にのみ着ることが
許される特別なものになっています。

たとえば真言宗豊山派では、緋色は最高位の
大僧正だけが着用する色で、以下、紫、萌黄、
黄、浅葱色という順で着られる階級(僧階といいます)
が定められています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください