日中合作映画『空海』


現在中国で、弘法大師を主人公にした日中合作の
大作映画の撮影が行われているそうです。

映画のタイトルはズバリ『空海』

舞台は、唐の都長安で、仏教を学ぶ留学僧として
長安を訪れていた若き空海が、友人の白楽天と
ともに長安を騒がせる不可解な事件の謎に迫って
いく…というストーリーとのこと。

主役の空海を演じるのは日本人俳優の染谷将太さん
ですが、メガホンをとるのは世界的大監督の
チェン・カイコー監督で、さらに原作になって
いるのは作家夢枕獏さんのベストセラー小説
『沙門空海唐の都で鬼と宴す』というグローバルな作品。

これだけでも期待は高まるばかりですが、なんと
製作にはハリウッドもびっくりの150億円という
巨費を投じているそうです。さすが中国、規模が違います。

この莫大な製作費をつかって、当時の長安の
街並みを完全再現したセットを作ってしまった
ということなのですが、街ひとつまるまるなんて、
もはや撮影セットというレベルを超えている
ような気もします…。

映画がどこまで史実に基づいているのか、どの
程度フィクションが盛り込まれているのかも気に
なるところですが、弘法大師が本来20年ほど
かけて習得する予定の仏教をたったの数年で
極め、留学を繰り上げて帰国したのは本当の
お話です。

若き天才空海が、現代の天才たちにどのように
描かれるのか、期待して待ちたいですね。

日本での公開は、まだ3年ほど先になる
予定だそうで…。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください