アカデミー賞


日本アカデミー賞が発表されましたね。

ちなみに本家アメリカのアカデミー賞から、
正式に「アカデミー」の名前を暖簾分けされて
いるのは、イギリスと日本の映画賞だけなんだ
そうです。

日本アカデミー賞も今年で39回。その数だけ
大賞受賞作品もあるわけですが、歴代受賞作
リストを眺めていたら面白いことに気がつきました。

2009年、第32回アカデミー賞で大賞を受賞
したのは「おくりびと」。

ご遺体を棺に納める仕事・納棺夫を主人公に
したストーリーで、原作もベストセラーになりましたね。

そして1985年、第8回の大賞を受賞しているのが、
伊丹十三監督の「お葬式」。

肉親の死からお葬式を終えるまでの3日間を
描いた作品で、伊丹監督の出世作としても有名です。

というわけで、約40年の歴史のなかで、葬儀に
まつわる作品が2回も大賞を受賞しているんです。

けっこうな高確率だと思いませんか?いかがでしょう?

大賞以外もみてみると、1990年には「社葬」という
作品が優秀賞を受賞しています。

こちらは社長急死後の社葬の場を舞台に、大企業
での派閥争いの顛末をドラマにしたもの。

戦争もの、恋愛もの、さまざまなテーマがあるなかで、
葬儀を扱った映画が大健闘していることは、お葬式が
それだけ人間にとって大切な儀式、儀礼の中で、
人生の縮図であることを表しているのかもしれませんね。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください