地獄がひそかなブーム?


地獄がひそかなブーム・・・だそうです?

誰もが死後の世界は気になるもの。
しかも極楽浄土よりも地獄の方が気になるのは
やはり後ろめたい感じがあるからなのでしょうか?

人はいいことよりも悪いことをツイツイ考えてしまうもの。
昔から地獄について書かれた絵画や文献が多数残って
いますが・・・。

地獄が気になるのは現代人も同じことで・・・。

そんな中、ビッグコミックで連載中の漫画「鬼灯の冷徹」
(江口夏実/講談社)が人気なのだとか。

この作品は、八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに
二百七十二の細かい部署に分かれている地獄の世界が舞台。

そんな広大な地獄で日々さまざまなトラブルに対処する
鬼神がいる。それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯が主人公。

ただしギャグマンガですのでお気楽に~~。

明日からお彼岸です。手を合わせ目に見えない世界を
思い巡らして見るのも、良い時間かもしれませんよ!!

 

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください