今どきの若い人


最近の若い人たちは、たぶん障子というものが
ない家に住んでいるからでしょうか、障子の
開け閉めができていません。

マンションなんかは、ほとんどドアだし、仮に引き違いの
引き戸があっても片開きでなので、ご覧のように片側
しか閉めないので反対が空いてしまう・・・。

そしてそれに気づかない・・・!!

自動的に閉まると思っているのか、開けても
閉めないし、4枚もあると、どこから入って良いか、
分からない~~。

それに障子をノックする若者たち・・・。

これは、どこを叩くのか分かりませんが、この間は
障子全体を叩いていたドスコイのお兄さん・・・。

「察する」「気配を感じる」外にいても中の様子が
昔の方は分かっていたのでしょう・・・。

先日は、小さな子どもが人差し指で障子に全部
穴を開けていきました。おもしろかったんでしょうね!!

この子も障子のない家に住んでいて珍しかったの
かもしれませんが、さすがにこれは勘弁して頂きたい~~~!!

 

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

1 Response to 今どきの若い人

  1. あんちゃん のコメント:

    確かに、庄子や襖のお宅は少ないですね。幼い頃はちゃんと閉めずに少しでも空いていると「穴抜け!!」と怒られたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください