アフリカ弾丸ツアー「ワイルドだぜ」


ロッジからサファリのマサイラマ国立保護区が
見えます。別に柵があるわけでもなのでロッジの
近くでもシマウマがいたりします。

夜には、静まった暗黒の世界から動物の鳴声が
聞こえます。

1キロくらいの距離だと思いますが、例によって
凸凹道なので40分くらいかかります。
この凸凹道が、相当に危険なオフロードで横転、
スタック、崖から転落、パンクでもしたら大変な
ことになりそう・・・。

いまから考えると、よく無事で帰ってきたと思う
くらいです。

そんなわけでドライバーさんも同乗者も必死な
ので写真をとるような状況ではありません。

 

 

 

 

 

こちらはマサイラマ国立保護区の東側の正門?
この保護区は、大きさが1800km2といいます
から、東京都より少し小さく大阪府や香川県と
同じくらいです。

テレビで見る光景を想像していたのですが、車が
走れる道も決まっていて、大きな土地ですから、
いけば動物に出会うというわけでもありません。

しかもサバンナといっても湿地帯で水鳥も多かった
のが意外でした。

 

 

 

 

決められた道をノロノロと走って行くと、ドライバーさんが
スピードをあげます。我々には見えませんが視力が4.0
くらいあるみたいで、遠くの動物を見つけるのです。

いましたいましたキリンさん!!なんか動物園のキリン
より肌つやが良いです。

 

 

 

 

 

時にはこんな状態になって、待つこと15分・・・。
キリンさんが車を通してくれました。なにせここは
動物中心ですから・・・。

 

 

 

 

 

ゾウが草を食べる音てバシャ~ムシャ~ガシャて
スゴイ音なんですよ~~。
それに子どもを大切にしている感じも伝わってきます。

 

 

 

 

 

いましたいました!!こちらも親子です。

 

 

 

 

 

おしりから失礼!!

 

 

 

 

ライオン、象、キリン、バッファロー、チーター、
ガゼール、インパラなどたくさんの野生の動物たちの
生き生きとした姿が360度のパノラマ見られるケニアの
広大な大平原・サバンナ。これはこれは感動です!!

早朝サファリは、気球にも乗れますよ!

 

 

 

 

写真は上手く撮れませんでしたが、雲の切れ目から
日が差して、その地面だけがスポットライトのように
丸く輝いている神秘的な光景です!!

 

 

 

 

 

日頃、文明の恩恵を受けている私たちとは違う
世界観でした。

動物の写真はデジブックで!!

終わり

 

 

 

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください