花ぐすり


境内の「さくらげんかい」が満開です。

「サクラ」と名前がついていますが、これは ツツジです。
でも淡い色合いで花弁が、サクラを 大きくしたものと似て
いるので・・・。

「煩悩や妄想が、全部なくなった美しい悟りの心」とは、
いったいどんな状態なのでしょうか?

和尚は、こう思います。

それは、サクラでもツツジでも、あるいは雑草でも、 どんな
花や草木でもいいです。

そんな花や草木は、それぞれが、その色や形を誇る事もなく、
競う事もせず、ありのままの姿を表現して無垢に生き、その個性を
見事に開花させていますよね。

その精一杯の姿をしっかりと見て、「気づき」「感じる」ことが、
仏の心に近づけることなのかもしれません。

花ぐすり・・・

心が痛んだとき綺麗に咲く花々、路傍の草木をみて感じて
みませんか?

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください