「東日本大震災」一周忌法要


[tubepress video=”3CQJuAN2BEY”]

まさか十数時間後にこんなことが起こるなんて誰が
考えていたでしょうか・・・?

何か皆さんで一周忌のための祈りの時間をと考えて
いました、他でも行われているみたいだったので、
和尚一人で心ゆくまでご供養したいと考え、明日は
静かに法要をさせて頂きたいと思います。

49日忌の法要で福島へ行ったとき、涙いっぱいの
少女の大きな目が忘れることができません。

葬儀屋さんと多くの遺体のお世話に行ったとき、
その恐ろしい現実を忘れることができません。

福島人とお話したとき、この地で暮らす覚悟を
決めた・・・穏やかな中にも、たくさんの無念の
思いが込められた静かな決意が忘れられません。

和尚に何ができるかと言えば、それはただただ
「ご供養」すること・・・「拝む」ことだけです。

明日は、しっかりとご供養させて頂きます。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください