海をみながら鉄板焼き?


美味しそうですね・・・!!

こちらはエントランスの内庭で海が綺麗に見えます。

 

 

 

 

 

ここは、千葉県鴨川市の亀田総合病院です。
親戚のお見舞いに行ってホテルのような病院にビックリ!!

噂には聞いていましたが、こちらは最上階13階にある 「霊安室」です。
病院の霊安室といえば・・・人目につかず、車が横付けできる
1階や地下などに薄暗く存在していますが・・・。

「治すことだけが医療ではない」・・・ 大切な方の「死」を、みんなで
受け止め、天上に一番近い場所で、 祈りや癒やしの時間を共有し
ながらという病院側の配慮は素敵です。

以前に精進料理の棚橋先生も同じようなことを言っておられました。

余生が何日かわからないけど、そんな患者さんにプラスチックの
食器で 素っ気ない食事を出すよりも、日本の和食器の漆器で少しで
良いから 本物の食を出してあげたいと・・・。

もちろん現実的なことはありますが、病院で最期を迎える人は8割を
超すといわれています。

職業柄、人の死に接する機会が多い中で・・・。

どのように死を迎えるのか・・・。

どのように看取ってあげたいのか・・・。

そんな素敵な「お別れ」の場面に触れることもあります。

あなたなら、どうしますか・・・?

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください