ホテル常備の仏教書



ホテルに宿泊した人なら写真のような本を目にしたことは
ありませんか?

その名も「THE TEACHING OF BUDDHA」「仏教聖典」と
いいます。

大手のホテルなら、この「仏教書」を必ず常備しています。

これは、仏教伝道協会というところが発行していて現在は、
世界63ヵ国の主要ホテルの12,000軒138万室、
た病院には 、国内の1,100軒に『仏教聖典』を
常備しています。

中を見てみると、左側が英語、右側が日本語で、
わかりやすい文章で仏さまの教えが記載してあります。

まあ「これ一冊さえ読めば、仏教のアウトラインがわかる」
という感じのものですが・・・結構むずかしいところも。

面白いのは、日本語ではよくわからない言葉が英語では
何となく理解できるということ・・・。

たとえば、物事が思い通りにいかないためにおこる仏教で
いうところの「苦」は、英語では「unsatisfactory」(不満足) と
表現されます。

満足しない欲望の心が、苦しみを生むということです。

英語でスタディできる「Buddhism Through English
(仏教聖典を初歩英語で学ぶ会)」
もあります。

宿泊して枕のお供として、またアプリも出ていますから、
気軽によんでみましょう!!

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください