小さな記者さんたち



近くの小学校の皆さんが、地域について勉強にきました。

この地域で歴史的な古いものと言えば、お寺と神社
くらいしかないかもしれません。

そして、街の商店街を一回り・・・。

勉強というよりボードを持ってマメ取材です。

普段はなにげなく歩いていても、じっくりと観察を
しながら自分たちの街を歩くと意外な発見があるのかも
しれません。

というか、家庭や学校の縦軸、友達などの横軸の他に
地域という斜の軸があって、そんな世界に触れる
ことも大切なことなのかもしれません。

先日は、小学校6年生たちに歴史の勉強で、文化のお話を
本堂でさせて頂きました。

彼らは、木魚の柄が魚でできていることや、曼荼羅とか、
玄奘三蔵法師とか、本堂の飾り物が、なぜ金色が多いのか
とか、弘法大師、阿修羅、千手観音などの仏さまの名前も
実に詳しいです。

本堂は興味のあるものがたくさん・・・。

子どもたちの脳内のシナップスに電気がたくさん流れていた
ように思います。

大人が考えるより子どもたちは、いろいろなことに興味を
持って想像力を働かしているのかもしれませんね。

しいなまち みとら」で行われている「みとら きっず」も
毎週実に楽しそうです・・・。

低学年のクラスに少しだけ余裕があります。

興味のある方は、子どもの力を信じて参加してみませんか?

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください