◆お寺ごはん◆『里芋と水菜の梅サラダ』



和尚はイモが苦手であります。

クリ、カボチャのように口の中でホクホクしているものも
ダメです。

食べられないこともないし、おいしく頂けますが避けて
通りたい食材なのです。

そんな訳で旬にならないときの里芋レシピです~!

里芋さんごめんなさい!

里芋といえば煮物が定番ですが、今回はサラダにしてみました。

この方が食べられるので・・・。

ではでは、里芋サラダレシピのご紹介です。

里芋のねっとり感、水菜のシャキシャキ感、まったく違う
食感ですが、これが案外相性が良いんですよ~(^_^)

ぜひ食感を楽しんで下さいね♪

里芋の香りを楽しむためにも、ぜひ泥付きの里芋を使って
ほしいです。

でも~~里芋の皮むきがイヤ~~!
ヌルヌル・・・かゆくなるし~~という人多いですね。

大丈夫です!!

レシピの前に・・・里芋の皮むき方法を先にご紹介します。
かゆくない!ツルンとむけますよ!

◇泥付きの里芋を水でざっと洗ってください。
◇鍋に水を入れ里芋も入れます。水から茹でます。沸騰して
から中火で10分位。
◇ザルにあけて、粗熱が取れたら手で皮をむきます。

あら!不思議!!つるんとむけるじゃありませんか!!

上の方法もめんどくさい!という方、レンジでも出来ますよ。

◆里芋の泥を水で洗い流します。
◆洗った里芋1個ずつラップで包んで、レンジでチン!
◆ラップを取り、水で冷まして粗熱がとれたらつるんと皮を
むきます。

◇◆どちらの方法でもOKです。
ヤケドにはくれぐれもご注意下さい。
里芋の大きさにもよりますが、目安は楊枝でさして、ス~と
入れば大丈夫です。

~~~**~~~**レシピ**~~~**~~~

【材料】
里芋    300g位(皮むき後)
水菜    適量
★梅干し  大1個~
★砂糖   小さじ1弱
★酒    小さじ1
★醤油   小さじ2
★だし粉末 小さじ2(昆布・カツオ何でもOK)
★炒りごま 大さじ1(黒でも白でも)

【作り方】
①梅干しは包丁で叩いて細かくします。
水菜は3~5cm幅に切っておきましょう。

②ボールに皮を剥いた里芋を入れて手で潰します。
ある程度形が残るように粗く潰しましょう。

★を入れて混ぜ合わせましょう。

③水菜も入れて混ぜ合わせます。

④器に盛って、出来上がり~♪

梅干しはもっと増やしてもOKです。
ただ塩加減がありますので、お醤油は加減して
くださいね。

「合掌 頂きます」

カテゴリー: ◆お寺ごはん◆ パーマリンク

1 Response to ◆お寺ごはん◆『里芋と水菜の梅サラダ』

  1. れん のコメント:

    Unknown
    そうですか。和尚様はお芋が苦手だったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください