師走から和尚がツーへ



クリスマスで世間が商戦を展開し、盛り上がったと
思ったらそれも終わり、早くも、お正月ムードを
盛り上げてく空気に切り替え・・・(笑)

テレビをつけても、ネットを覗いても、商店街を歩いても。
この切り替えの早さは、ある意味日本人らしいかも?

年賀状も、みなさんお済みですか?
和尚はやっと朝方に投函しました。
まだ書いていない方、これから頑張ってください。

昨年の年賀状を見ていたら・・・。
「お正月だから、和尚がツー(おしょうがつぅ~)」という
お坊さんが二人並んでいるイラスト付きの年賀状・・・。

ちょっと古い駄洒落だけど、除夜の鐘でお坊さんの出番は
年末まで…と思いきや、お正月にもまだまだ登場するとは・・・。

でも実際のところ、師走を過ぎて新年になっても、
真言宗のお坊さんには、大切な行事が待ち構えています。

修正会(しゅしょうえ)といって、人々の罪や過ちを仏前で懺悔し、
五穀豊穣を祈願する行事が、お寺で催されます。

正月に修する法会なので「修正会」といいます。

和尚のお寺では、開運「三面大黒天」と同時に、
御本山で開眼頂いた十一面観世音菩薩の特別ご開帳も致します。

そんなわけで、師走を過ぎても忙しいので、駄洒落でもいいから
和尚が二人欲しいなぁ~と思ったりします。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください