「阿修羅展」がもう一度



上野公園にある国立東京博物館のミュージアム
シアターで、バーチャルリアリティー(VR)映像
「興福寺 阿修羅像~奇跡の仏像」の上映が、
6月27日まで行われています。

昨年まで各地で行われた阿修羅展は仏像ブームの
きっかけの一つともなり、空前の人気になりました。

東京での公開には期間中に95万人近くが詰め掛け、
これまでの特別展で3番目となる入場者数を記録したとか。

今回の作品は、阿修羅展の期間中に博物館の平成館で
上映されたものを基に、新たな内容を加えて作られたそうです。

縦3メートル、横5メートルの240インチ大型スクリーンに、
ハイビジョンの4倍という超高解像度で映し出される映像は、
予想を超える迫力・・・。

仏像表面の細かい彫り目や木の肌まで鮮明に描写され、
間近で拝んでいるようです。

憂いを帯びて私たちに何かを訴えかける独特な阿修羅像の
魅力を、VRを駆使することでさらに強く感じることができます。

映像では、阿修羅像そのものの魅力のほか、阿修羅像が
奉安されていた興福寺の西金堂を建立した光明皇后の思いなど、
時代背景を併せて紹介しています。

この上映は毎週金曜、土曜、日曜日にそれぞれ6回行われ、
博物館の入場券(通常展示だけのもので大丈夫です)があれば
見ることができますが、本館1階の受付で当日の予約が必要です。

定員は各回30人と少な目なので、早めに博物館に行って予約を
しましょう。

館内には仏像もたくさん展示されているので、上映までの時間に
手を合わせて拝観しましょう!!

国立東京博物館公式ページ
http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00&processId=00

上映の紹介
http://www.tnm.go.jp/jp/event/event/vr.html

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください