チベット語入力ソフト



パソコンには、ありとあらゆるソフトが存在していますが・・・。
なんと、チベット語を入力できるソフトまでありました!

その名も『Monlam Bodyig』
今はバージョン3が配布されてるそうです。
公式サイトにて、無料でダウンロードできるみたい。

さっと覗いてみると「Adobe InDesign CS3』なんて単語もありました
から、印刷物の作成にもちゃんと使用できる優れもの?

公式サイトを見てみると、Windoswの窓のマークの他にリンゴの
マークもあったから、Macintoshにも対応させているのかもしれません。

ソフトを作成したのは、インドのチベット仏教寺院のセラ寺にいらっしゃる
ロサン・モンラムさんというお坊さんです。

ITに精通したお坊さんがいても不思議じゃありませんけど、こんなソフトを
作れるなんて・・・。

ソフトの使い方の動画は、こちら
http://www.youtube.com/watch?v=N_lU6Cm84Es

モンラムさん自ら来日して、護国寺で使い方のレクチャーをして
いったそうです。

行ってみたかった・・・。

このソフトを中心としたプロジェクトがあって、近い将来には、
ネット上でチベット語の全てを網羅する辞書も作成するみたい。

文化の根を絶やさないための努力をしておられるのですね。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください