不思議な話



昨年に、こんな会で早朝の7時30分から、出社する前の
皆様方に「写仏」を指導してきました。

そこに参加されていた方が、お寺にきてくれました。

彼女は、こんな会を主催されている方で、とても素敵な
方です。
http://www.commonbeat.org/

その後、自分の家でも写仏をしているみたいですが、
初めてというわりには、とにかく上手で、とても集中力が
ある方です。

そんな彼女からメールを頂きました。

****************************

世にも不思議なお話をシェアします!!

先生に頂いた写仏用の紙。せっかく譲っていただいたので
大事な人たちへ描いてプレゼントしようと思いました。

まずは名古屋の祖母。88歳でとても元気です。
いつも名古屋滞在中はお世話になっております。

今回の滞在中に描いてプレゼントしようと思い、写仏の用意を
して名古屋へ行きました。
しかし、額縁を買えずに行きました。

(額縁がほしいなぁ…)って思いながら、朝ジョギングしていたら、
祖母の家のすぐ近所に額縁の問屋さんを発見!

周りに何もない民家に、ひっそりその問屋さんだけ突然あって…
しかも8時から開いてたからジョギング中に買えました!!!

奇跡です!
****************************

仏さまがお守り下さったのですね・・・。

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

2 Responses to 不思議な話

  1. プラナ のコメント:

    これは・・・
    不思議なものですよね。。
    私もですが、仏画を描いてる関係上よくあるのが。
    ・額装しようとした日で、さっきまで雨だったはずが、車に絵を載せようとしたときだけ晴れる。
    ・額装依頼店に到着したときも同様で、絵を車から出し入れする時だけ雨が晴れるなど。移動中はもちろん、ざあざあ降りの雨です。
    ・絵を描いている時に、仏様のウインク。
    などなど、これは、気味が悪いというより感激ですが。。。
    しかし、宗教上の魂入れの儀式もあるようですが、素人目に見ていてこれは、まだまだ前段の現象なのでしょうか?

  2. 和尚 のコメント:

    プラナさま
    仏様とか生死にかかわることとか
    不思議なことがあるものです。
    そのときにはわからなくても、あとから考えると
    「何で?」ということもあります。
    それを感じる人、気づく人、さまざまですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください