無所得とは



確定申告の時期ですね~。

お寺の会計は、普通の会社と同じであります。
和尚は、給料制で源泉もあれば社会保険もあり年末調整も
しちゃいます。

本山に行けば、出張報告書で旅費の精算・・・。
本当に税金も高くなりました。

ところで「所得」という言葉は、世間では収入やお金の
ような意味に使われていますが、仏教で「所得」は、全く
違う意味で使われています。

仏教語の「所得」は、知覚や認識のことで、「無所得」は、
何ものにも執着しない自由な境地を表しています。

つまり「空(くう)」と同じ意味で使われ、有も無もない状態
だと言います。

暑いとか寒いとか、嬉しいとか辛いとか楽しい、つまらない
などは、すべて自分が決めていること・・・。

とらわれの心が大きくなると妄想がはじまりますよ~~

カテゴリー: 金剛院和尚のブツブツ雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください